美容効果抜群の「肌断食」。どの程度の期間がベスト??

肌断食は毎日続けるとかえって逆効果!!

肌断食は毎日するとかえって逆効果!!

お肌本来の力を引き出す「夜だけ美容断食」を経験した方の多くから、翌朝のスキンケアについて質問されることがあります。それは、「肌断食の効果がでたため、翌日も継続させて問題ないでしょうか?」という質問です。

 

確かに続けてしまいたくなる気持ちはよくわかります。しかし、朝に行う肌断食はおすすめできません。なぜなら、朝になるとお肌は活発に働いているので、何もつけずにいると「皮脂」を分泌します。

 

特にアレルギー体質の方は、お肌を守ろうとして過剰に皮脂がでてしまうため、かえって肌トラブルを引き起こす原因となってしまうのです。

 

スキンケアはメリハリが大事!!

 

何もつけない“すっぴん”はほこり、紫外線などの外部刺激を受けやすくなります。そのため、朝から夕方までの外部刺激が多くなる時間帯は、しっかりと“スキンケア”をしましょう。

 

朝はしっかりスキンケアでダメージを防ぐ、夜は何もつけずにダメージを修復する。これが「肌断食」の正しいサイクルといえるでしょう。女性の3人に1人が敏感肌といわれていますが、それほどお肌というものが繊細なのです。

 

お肌には、肌ダメージを防ぐ機能がありますが、反対に機能し過ぎると肌老化を早めてしまうことをご存知でしょうか。汗ばむ季節になると話題になる「紫外線」を体に浴びると、メラニンを生成するため肌が黒くなります。

 

肌機能をあえて休ませることが美肌への第一歩!!

 

これも肌ダメージを防ぐひとつの機能なのですが、機能し過ぎるとシミやシワの原因となってしまうのです。ですので、防御作用が働かない時間をつくってあげることも老化対策にとって必要なのです。

 

肌断食は、新陳代謝をスムーズにする効果があるため、仮に日焼けをしても、自然と白くて美しい肌へと生まれ変わります。美意識の高い女性は、女性ホルモンが活性化してお肌が美しくなるといわれています。

 

肌断食は、あくまでも美しくなるために行うもので、面倒くさくて手抜きをするものではありません。誤解しないようにしましょう。


リスクが低い美容方法は「肌断食だけ」

リスクが低い肌断食で肌本来の機能を高めてきれいな肌に生まれ変わる

最近、鏡を見るたびに「透明感がなくなってきた」「肌がくすんできた」「フェイスラインがたるんできた」などの肌トラブルを感じるときはないでしょうか。もし感じてきたなら要注意です。これらの肌トラブルが起きる原因のほとんどは加齢によるものです。

 

加齢が原因の肌トラブルは、毎日のスキンケアが欠かせません。しかし、毎日さまざまな化粧品を使用することで自らの肌力を低下させている場合があります。毎日のスキンケアで改善しないのであれば、「肌断食」にチャレンジしてみてください。

 

肌断食の目的は「肌機能の向上」

 

断食は突然スキンケアをやめてしまう美容方法なので、お肌が極端に乾燥したり、荒れたりしないか最初は不安に感じるかもしれません。しかし、元手も時間もかからず気軽に始められるので、もし仮に肌状態が悪くなったとしても、またスキンケアを始めればいいので、他のものとくらべても非常にリスクが低い美容方法です。

 

肌断食を実際にトライした方の多くは、始めてからしばらくすると「肌が軽くなった」と実感しています。これは、お肌になにもつけないことでしっかりと“皮膚呼吸”をしているから感じるものなのです。また、開始してから2〜3週間目には、お肌のくすみが取れたり、毛穴が引き締まったりするので、やり続けることで効果が期待できます。

 

過労やストレスが原因の肌荒れに効果的!!

 

過労やストレスが原因で肌荒れを起こすアレルギー体質の方にも「肌断食」はおすすめです。特に皮脂がたくさん出て、かゆみを引き起こす場合は、肌断食をすることによって肌力が上がるため、改善することがあります。

 

肌力が向上するとターンオーバーがスムーズになるため、たとえお肌が荒れたとしても、時間がたてば綺麗なお肌に生まれ変わります。ただし、紫外線などの外部刺激はあとからシワやシミの原因になりますので注意しましょう。

 

ただし、肌断食はカラダの内側からお肌を強くするため、通常のスキンケアをしているときよりも“白いお肌”をキープすることができるといわれています。肌老化が気になる方はぜひ試してみることをおすすめします。


コラム一覧

デトックス!「肌断食」の効果は”排出力”にアリ!
肌断食の効果は単にお肌を綺麗にするということではなく、化粧品に頼り過ぎた肌から“肌本来のチカラ”を甦らせることが目的です。それでは肌機能を修復してお肌を綺麗にする「肌断食のやり方」をご紹介します。