お肌に良い食べ物「野菜」と「魚」の美容効果を教えます!

お肌に良い食べ物「野菜」の美容効果

お肌が綺麗になる「野菜」の種類と美容効果とは???

野菜にはビタミンがたっぷり含まれており、美容効果の高い食べ物です。栄養たっぷりのものを食べたほうが美容効果も高くなるため、できれば旬のものを選んで食べると効果的です。旬のものを選んで食べることで、お肌への効果も高めることができます。

 

また、調理法などによっても効果は変わってきます。シワ対策など目的に合わせて利用することも可能です。上手に活用して美肌に役立てましょう。

 

 シミやシワが気になるなら

 

シミやシワが気になるなら、ビタミンCをたっぷり含んだ野菜を摂りましょう。強い抗酸化作用や新陳代謝を高めてくれるビタミンEを含んだアボガドやかぼちゃなどもおすすめの食材です。

 

コエンザイムQ10を含んだ大豆(イソフラボン)や落花生も効果的です。お肌のバリア機能にはセラミドが大切ですが、こんにゃくにはセラミドを増やす効果が期待できます。

 

こんにゃくには、カルシウムも多く含まれていますのでダイエットのときもに便利に活用できます。

 

ニキビに効果的な野菜

 

緑黄色野菜には、ビタミンCがたっぷり含まれているのでおすすめです。なかでも赤パプリカは、ビタミンCが多いですし、熱に強く壊れにくいのでニキビ解消に効果的です。

 

また、油で炒めることによりお肌の角質化を防いでくれるβカロテンの吸収率がアップしますので、炒めて食べるのもおすすめです。ほかにもビタミンAたっぷりのにんじんやほうれんそう、モロヘイヤなども効果が期待できます。


お肌に良い食べ物「魚」の美容効果

お肌が綺麗になる「魚」の美容効果とは???

魚はお肌に良い食べ物だといわれており、血管を若く保つための成分やアンチエイジングに効果的な成分が多く含まれています。EPAやDHAには血管を若く保ち血流をよくする働きがあります。

 

血液の流れがよくなると栄養素が行き届きやすくなり、シミやそばかすを防ぐことができます。また、コラーゲンも多く含まれており、お肌をハリのある状態に近づけてくれます。

 

魚に含まれるEPAやDHAの働き

 

魚に多く含まれているEPAやDHAは血管や脳を若く保つ栄養素として知られており、体内の悪玉コレステロールを減らし、血流をよくしてくれる働きがあります。

 

血流がよくなれば、お肌のターンオーバーが促進され、ニキビなどが早く治るようになります。また、血流がよくなれば、食事から摂取した栄養素を余すことなく届けることができるようになります。

 

魚に含まれるコラーゲンの働き

 

魚に含まれているコラーゲンも美容効果が非常に高い成分です。肉に含まれているコラーゲンとは違ってカロリーが低く変性温度が低いことが特長です。

 

変性温度が低いと体内に取り込まれた後に吸収されやすくなります。コラーゲンをしっかりととることによって、お肌のターンオーバーを促進してくれるので、シミやソバカスの改善やたるみの改善に効果があります。