「剃る?」「抜く?」正しいムダ毛処理の方法

むだ毛処理の基礎知識と正しい処理法

むだ毛|正しい毛方法と基礎知識。完全テクニック

お肌の露出が増えるシーズンになると、女性の多くは脇や手脚のむだ毛処理をします。しかし、むだ毛処理をしたさいにお肌が荒れてしまった経験もあるかと思います。したがって、むだ毛処理は基本的な知識と正しい方法で行うことが必要なのです。

 

「剃る」と「抜く」肌負担が大きいのはどっち?

 

毛が濃くなることを恐れてカミソリなどで剃る方がいますが、実は「毛を抜く」よりも肌負担が少ないのです。なぜなら、「毛を抜く」ことは皮膚の一部をちぎりとっているからです。毛根細胞は、細胞が分裂することによって成長します。

 

毛を抜くさいに痛いと感じますが、これはまわりにある血管から酸素や栄養をもらって毛根細胞が生きているから感じます。そのため、この生きた毛根細胞を抜くと、皮膚内部で出血しますので、これをくり返すと毛穴が炎症を起こしたりします。

 

このように「毛を抜く」と、肌内部で炎症を起こしたり、膿んでしまったりするので、シミの原因になるなど、さまざまな肌トラブルが起きてしまいますので、無理のない方法で肌ダメージを最小限に抑えながら行うことが大切です。

 

除毛方法の正しい基礎知識

 

剃るタイプの除毛方法

 

電気カミソリ

電気カミソリは、シェーバーの穴の中に毛を引き込みながらカットするので深剃りができるのですが、実は皮膚までダメージを与えてしまうことがあります。皮膚が傷つくと、傷口がかゆくなったり、シミになってしまいます。

 

安全カミソリ

T字型の安全カミソリは、自分で細かい調整ができるので、毛穴が鳥肌のようにボツボツと立っている方におすすめです。ただし、剃ったあとにお肌が乾燥して、かゆみを感じることがあります。

 

抜くタイプの除毛方法

 

毛抜き

毛抜きを使用して除毛する方法は、手間がかかうえに、トラブルが起きやすい特徴があります。皮膚が硬くなったり、皮膚の下に埋もれしまう「埋没毛」ができたりします。

 

テープ

除毛したいところに粘着力のある専用テープを貼って、はがし取る方法。一度にたくさん抜ける手軽さはあるのですが、その分肌ダメージも大きいです。また、お肌の角質まではがしてしまうことがあるため、お肌の弱い人は避けましょう。

 

ワックス

温めた除毛専用のワックスを皮膚に塗り、冷えて固まったらはがす除毛方法。皮膚を温めるため、毛抜きやテープよりも肌負担は少ないです。パラフィンパックと同じの原理なので、除毛後にお肌がしっとりする保湿効果があります。

 

家庭用脱毛器

皮膚を温めたり、まわりの皮膚を押さえながら抜くので、毛抜きよりはお肌へのダメージは少ないです。しかし、毛を抜くことに変わりはないので肌トラブルが起きることもあります。「レーザー照射式」と表示されているものには注意が必要です。※レーザーは医療機関のみでしか扱えないため。


コラム一覧

さらば!カサカサ肌っ!!ボディ別”マル秘”対策テクニック
乾燥シーズンなどで“お肌のカサカサ”に悩む女性はとても多いのですが、対策方法はさまざまです。この女性の大敵ともいえる“お肌のカサカサ”を改善するボディ別対策マル秘テクニックをご紹介します。
女性の大敵!頭皮のフケ対策、水虫の治し方
「頭皮のフケ対策」や「水虫の治し方」を聞きたくても聞けないなど、これらの症状は自分の中で抱え込んでしまうことが多いです。また、自分で調べるにも難しいと感じる方も多いことでしょう。スキンケアコンシェルジュがあなたの悩みに答えます。
敏感肌も実践できる”肌に優しい除毛方法”とは
肌露出が多くなるシーズンに気になることといえば「ムダ毛」です。特に敏感肌の女性は除毛が難しく、方法を間違えると肌荒れしてしまうこともあります。この記事では敏感肌の方でも実践できる「肌に優しい除毛方法」を紹介します。
必見!ボディケア方法を悩み別に一挙公開!!
ボディケア方法とひとくくりにいっても「お尻のぶつぶつ」「多汗」「口臭」「足臭」など、悩みの種は多く、その対処方法もそれぞれに違います。キレイはお肌だけでなく、何気ないところへの気配りも大切になりますのでしっかり対処しましょう。
女性が聞くに聞けないボディケ方法とは
「陰部のかゆみ」「乳首のかゆみ」「乳首の黒ずみ」など、普通では聞くに聞けない悩みを抱えている女性は意外と多く、自己流で治そうとする方多いのですが、正しいボディケア方法を知らないとかえって失敗してしまうことがあります。正しいボディケア方法を知って綺麗な素肌を手に入れましょう。