お肌が老化する原因と防止方法を知りましょう

お肌が老化する原因って?

お肌が老化する原因って?

女性はいくつになっても、年齢よりは若く見られたい、魅力的だと思われたいと願うもので、自分の容姿には気をつかいさまざまなお手入れを行います。見た目年齢を若く見せるには美肌は欠かせない要素なので、何らかのアイテムを使ってスキンケアを行う方は多いようです。

 

肌老化の出現

 

しかし、そういったお手入れを頑張ってはいても、加齢とともに大切なお顔には、次々と老化の兆しが現れ始めます。シミやしわ、毛穴の開きやたるみが目立ち始めると、一気に老けた印象を与えてしまうもので、どんな美人も魅力は半減してしまいます。

 

美人の条件は、年齢に関係なく素肌が美しいことが必須だといわれており、スキンケアを今一度見直してみることは大切なポイントです。

 

肌老化の原因

 

前述したようなトラブルはすべて、お肌の水分不足が引き金になるといわれています。加齢とともにどうしてもうるおいがなくなっていってしまうので、保湿に力を入れたお手入れが鉄則です。

 

表面はうるおっているように見えても、インナードライ状態の女性も多たるみやしわの原因になってしまいます。どんなアンチエイジング対策のできる高機能の美容液も、お肌が乾いていてはまったく奥へは浸透しないので意味がありません。

 

クレンジング、洗顔で余計な汚れや角質を落とし、保湿成分の配合された化粧水で潤いを与えてこそ浸透し、効果が発揮されるのです。


紫外線は百害あって一利なし

紫外線は百害あって一利なし|紫外線の基礎知識

春から夏にかけて、日差しが強くなってくるとともに気になる紫外線。素肌を美しく健康に保つために、早期からのUV対策はとても重要です。

 

紫外線の影響

 

紫外線(UV)は人間にとって有害性が強く、お肌や健康に悪影響があるといわれています。紫外線を大量に浴びることによって最も懸念されているのが皮膚がんへの影響です。若いうちに浴びているほど、発がん性は高くなるといわれています。

 

その他にも、目への影響や白内障の発症、免疫力の低下、シミやたるみの原因など、さまざまな悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

適切な日焼け止めを選び

 

日焼け止めにはPA値が表示されています。PA値は、肌を黒くしたりシミやたるみの原因となるUVをどれほど防ぐことができるかを、+の数で表しています。表示されている+の数が多くなるほど、防御効果は高くなります。

 

日差しや紫外線の強さ、外出している時間、自分の肌質などに併せて、適切な日焼け止めを選択すると良いでしょう。子どもや肌が弱い人は、PA値の低い日焼け止めを2?3時間おきに塗り直す方法もすすめられます。

 

また、日焼け止めを塗っているからといって安心してしまうのではなく、日差しの強い日には極力日向ではなく、日陰で直射日光を避けるようにしましょう。