小顔になるフェイスマッサージのやり方

小顔になるフェイスマッサージのやり方とは

顔の筋肉もボディと同じようにケアをしなければ硬くなってしまいます。小顔のためには、顔のコリを取りさって、老廃物を流すことが必要です。リンパに沿っておこなう、セルフフェイスマッサージは、毎日のケアに取り入れることをおすすめします。

 

マッサージを継続的にし続ければ、フェイスラインも次第にスッキリとしてきます。口角も上がりますし、若々しい印象にも変わってきます。小顔を目指したいけど続かないという方は、メイクオフの時に一緒にマッサージをしてあげると続けやすいのでオススメです。

 

フェイスマッサージのウォーミングアップ

 

誰もが憧れる“小さな顔”を目指すのであれば、セルフでおこなうフェイスマッサージはとても効果的です。本格的にマッサージする前に、ひと手間かけることで、より効果はアップします。それがウォーミングアップです。

 

オイルやクリームを手にとって、顔全体から首にかけて、軽くリンパマッサージをおこないます。これにより老廃物をスムーズに流しやすくなる状態になります。

 

フェイスマッサージのやり方

 

小顔のためのフェイスマッサージのやり方は、毎日継続できる簡単な方法で行うことがコツです。マッサージするときには、力を入れすぎないようにしましょう。目の周辺は指先でソフトになでるように、あごはラインにそって圧力をかけます。

 

ラストにはウォーミングアップでしたマッサージを、再度おこなって終了すると良いです。マッサージの時は、植物性のオイルや滑りの良いジェルなどを使うと肌負担も少なくなるのでオススメです。

間違えたフェイスマッサージの方法

毎日のスキンケアに取り入れたいフェイスマッサージですが、せっかくフェイスマッサージを行ってもやり方が間違えているのであれば、お肌に対する負担がかかって逆効果になってしまいます。

 

正しい方法でマッサージを行うことで、お肌のくすみが取れ生き生きした血色のよい美肌を演出することが出来るようになります。そのためにも手軽に毎日のケアに取り入れられるフェイスマッサージを覚えましょう。

 

オイルやジェルを使って滑りよくトリートメント

 

セルフでできるフェイシャルトリートメントで大事なことは十分滑りを確保して肌と指との摩擦をなくすことです。そのためにもマッサージをする時には植物性のオイルか、滑りの良いジェルを使って行います。

 

指の腹を使って軽いタッチで行えば肌に対する負担を軽くしながら血行を促進することができます。ジェルの美容成分がマッサージの間にもお肌に浸透していき、効果をさらにアップしてくれます。

 

間違えないためにはマッサージの方向が重要

 

フェイスマッサージで大事なことはマッサージをする方向です。マッサージの目的はお肌の血行を良くすると同時にたるみを引き締め小顔を目指すことです。そのためにもマッサージは必ず下から上に、内側から外側にということを目安に行いましょう。

 

下に向けてマッサージするのでは顔の下垂(たれ)を促進してしまうので、重力に逆らうように下から上に、中心から外側にマッサージすると顔を引き締めることができます。

コラム一覧

素肌美人は「正しい洗顔」と「ポイントメイク落とし」で作られる
素肌美人の秘訣のひとつに「正しい洗顔方法を知ること」があります。なぜなら、10年後の肌状態は毎日の洗顔やメイク落としで左右されます。大切なお肌を守る「正しい洗顔方法」と「ポイントメイク落としの注意点」について解説します。
Tゾーン・U-ゾーンのテカり防止は「皮脂のコントロール」が重要
クレンジングとは、単にメイクを落とすだけでなく、女性の多くが気にする顔の皮脂量を抑える対策のことをいいます。特にTゾーンやUゾーンのお手入れは欠かせないものです。正しいスキンケアで素肌美人になりましょう。
「オイルクレンジング」と「弱酸性」の落とし穴とデメリット。
多くの方が聞き馴染みのある「オイルクレンジング」と「弱酸性」。世間一般では“メイクがしっかり落とせる”、“肌に優しい”というイメージですが、実は意外と知られていない「真実」があります。真実を知りたい方だけご覧ください。
肌荒れの原因!?気になる水洗顔の効果とは
最近流行りの水洗顔で期待できる効果は「お肌への優しさ」です。しかし、いくらお肌に優しいといってもやり方を間違えればかえって逆効果になってしまいます。正しい方法を知って綺麗なお肌を手に入れましょう。