水洗顔の効果を半減させるやり方とは

水洗顔の気になる効果とは??

間違ったスキンケア|水洗顔は肌荒れする?

最近ではお肌の負担を考慮して「水洗顔」を行う方が増えています。しかし、この「水洗顔」は、やり方を間違えるとかえって逆効果になってしまいます。大切なお肌を守ることも正しいスキンケアのひとつですので、しっかりと知識を学ぶことも大切です。

 

肌荒れする原因が水洗顔!?

 

洗顔をするさいに、冷たい水ですすいでいる方がいます。また、クレンジング後の洗顔も水だけで済ませてしまう方がいます。もしこれらのことが当てはまるのであれば、水洗顔はやめた方が良いです。

 

なぜなら、水と油はまざり合わないので、ファンデーションなどのメイク汚れは落ちないからです。1日の汚れを落とすために「クレンジング」や「洗顔」をするのですが、そこでしっかりとメイクを落としていないと、汚れが毛穴に詰まってしまい肌老化や肌荒れの原因になってしまいます。

 

「メイクはしっかり落とす」ということを忘れないようにしましょう。

 

水洗顔は”ぬるま湯”がオススメ。

 

汚れをしっかり落とすなら、洗顔するさいは水ではなくお湯がベストです。メイクやスキンケア化粧品の油がついている夜は、必ずお湯で洗うようにしましょう。

 

ただし、熱すぎるお湯で洗ってしまうとお肌に刺激を与えてしまい、逆効果となるので注意が必要です。お湯の温度は、39〜41℃くらいを目安にしてください。

 

なお、朝も洗顔料で洗顔することをおすすめしますが、肌質によってはぬるま湯でさっと洗い流すだけでも大丈夫です。

 

洗顔はスキンケアにおける基本中の基本なので、正しい洗顔を心がけましょう。


スキンケアの疑問 「乳液とクリームどちらが良い?」

間違ったスキンケア|乳液とクリームはどちらがベタつく??

「クリームより乳液の方がサラッとしている」
「オイリー肌には乳液の方が合っている」
「ベタつきにく乳液をいつも使用している」

 

乳液とクリームの使用感を比べると、だいたいこのような声を聞きます。たぶんみなさんも、クリームは油分が多く、乳液には油分が少ないので、乳液の方がサッパリする、というイメージがあると思います。

 

実は乳液はベタつくものなのです。乳液がベタつく理由は、構造が関係しています。乳液は、油の粒子を水が取り囲んでいるため、お肌につけたときは肌表面が水分で覆われるため、サッパリとします。

 

しかし、水分が蒸発してしまうと油だけが残り、時間がたつとベタついてしまいます。逆にクリームは、中に水の粒子が散らばっていて、その周りに油の膜が覆っているので、つけた瞬間はベタつきますが、油が水分をコーティングしているので水分は蒸発しにくいのです。

 

ベタつきが気になるならクリームがオススメ

 

これらのことから、ベタつきが気になる方には、乳液よりもクリームの方がおすすめです。季節によって塗る厚さを調整すれば、ベタつくことはありません。特に、乳液を使用していて、時間がたつと顔が脂ぎってしまう方は、ぜひ試しにクリームを使用してみてください。


コラム一覧

素肌美人は「正しい洗顔」と「ポイントメイク落とし」で作られる
素肌美人の秘訣のひとつに「正しい洗顔方法を知ること」があります。なぜなら、10年後の肌状態は毎日の洗顔やメイク落としで左右されます。大切なお肌を守る「正しい洗顔方法」と「ポイントメイク落としの注意点」について解説します。
Tゾーン・U-ゾーンのテカり防止は「皮脂のコントロール」が重要
クレンジングとは、単にメイクを落とすだけでなく、女性の多くが気にする顔の皮脂量を抑える対策のことをいいます。特にTゾーンやUゾーンのお手入れは欠かせないものです。正しいスキンケアで素肌美人になりましょう。
「オイルクレンジング」と「弱酸性」の落とし穴とデメリット。
多くの方が聞き馴染みのある「オイルクレンジング」と「弱酸性」。世間一般では“メイクがしっかり落とせる”、“肌に優しい”というイメージですが、実は意外と知られていない「真実」があります。真実を知りたい方だけご覧ください。
目指せ小顔!フェイスマッサージの基本とは!?
「小顔」は綺麗になりたいと思っている女性にとって欠かすことができないキーワードです。小顔な素肌美人になるためには知識を取得することも大切です。正しい方法を知ってあなたも今日から小顔を目指して一緒に頑張りましょう!