必ず知っておきたい「オイルクレンジング」と「弱酸性」の落とし穴とデメリット。

知ると怖い「オイルクレンジングの真実」

間違ったスキンケア|オイルクレンジングはシミとくすみの原因

メイクを落とすためにオイルクレンジングを使用している方も多いことでしょう。確かにオイルクレンジングは、ファンデーションなどの油性化粧品をよく落とすといわれています。

 

しかし、”落とす力”が強いということは、肌負担も大きいということをご存知でしたでしょうか。

 

オイルクレンジングの主成分は、油分と界面活性剤です。界面活性剤は油と水を混ぜ合わせるために必要ですので、どうしても含まれてしまいます。実はこの界面活性剤がお肌に悪く、角質層の天然保湿因子と細胞間脂質を溶かし、バリア機能を壊してしまうのです。

 

その他の肌トラブルとして「洗い残し」があります。油性化粧品を落とすために角質層にまで浸透したオイルクレンジングを洗い残すことで、オイルが酸化してしまい毛穴に詰まってしまいます。毛穴詰まりになってしまうと、乾燥肌になったり、肌内部で炎症を起こしてしまいます。

 

おすすめのクレンジング剤は「ミルクタイプ」

 

このようにオイルクレンジングは、お肌のバリア機能を壊してしまいます。また、酸化したオイルは茶色や黒色に変色してしまうので、顔色のトーンを下げたり、「シミ」「くすみ」の原因になってしまいます。

 

ではオイルクレンジングがダメなら何を使用すればいいのでしょうか。

 

クレンジング剤には、クリーム、ミルク、ジェル、リキッドなどさまざまですが、無香料で無着色、低刺激のものがおすすめです。一般的にミルクタイプは、界面活性剤の量が少なく、化学物質もそれほど使用していないのでおすすめです。


「弱酸性」の洗顔料を使用するとお肌が乾く!?

間違ったスキンケア|弱酸性の落とし穴

「弱酸性」という言葉にどのようなイメージをお持ちでしょうか。固形石鹸で洗顔するとお肌がつっぱってしまうのに対して、弱酸性の洗顔フォームを使用すると”しっとり”するため、多くの方が「お肌にやさしい」と答えることでしょう。

 

しかし、意外とそうではないのです。弱酸性の洗顔料を使用したさいの”しっとり感”は、お肌が潤っているからではなく、肌表面に保護膜を張る”リンス効果”によるものです。

 

実は、この保護膜が肌本来の再生能力を低下させてしまいます。また、洗顔によってバリア機能を壊され、肌内部が乾燥する「インナードライ」になってしまいます。

 

肌負担を減らしたいなら「アルカリ性」

 

確かに人間のお肌は弱酸性なのですが、アルカリ中和能というものが備わっているため、アルカリ性のものに触れても、時間がたてば弱酸性に戻ります。

 

したがって、お肌に余分なものを残さず汚れを落とすのであれば、弱酸性よりもアルカリ性の洗顔料を選ぶと良いでしょう。


コラム一覧

素肌美人は「正しい洗顔」と「ポイントメイク落とし」で作られる
素肌美人の秘訣のひとつに「正しい洗顔方法を知ること」があります。なぜなら、10年後の肌状態は毎日の洗顔やメイク落としで左右されます。大切なお肌を守る「正しい洗顔方法」と「ポイントメイク落としの注意点」について解説します。
Tゾーン・U-ゾーンのテカり防止は「皮脂のコントロール」が重要
クレンジングとは、単にメイクを落とすだけでなく、女性の多くが気にする顔の皮脂量を抑える対策のことをいいます。特にTゾーンやUゾーンのお手入れは欠かせないものです。正しいスキンケアで素肌美人になりましょう。
肌荒れの原因!?気になる水洗顔の効果とは
最近流行りの水洗顔で期待できる効果は「お肌への優しさ」です。しかし、いくらお肌に優しいといってもやり方を間違えればかえって逆効果になってしまいます。正しい方法を知って綺麗なお肌を手に入れましょう。
目指せ小顔!フェイスマッサージの基本とは!?
「小顔」は綺麗になりたいと思っている女性にとって欠かすことができないキーワードです。小顔な素肌美人になるためには知識を取得することも大切です。正しい方法を知ってあなたも今日から小顔を目指して一緒に頑張りましょう!