素肌美人は「正しい洗顔」と「ポイントメイク落とし」で作られます。

スキンケアの基本は「正しい洗顔」にアリ!!

失敗しないスキンケア|正しい洗顔方法とポイントメイク落とし

洗顔のポイントは「泡質」と「やさしさ」

 

洗顔をする時には正しい洗顔方法があります。石けんを使う場合、しっかり泡立たせるためには、泡立てネットなどで、もっちりとした泡を作る必要があります。そして、洗う時に泡で顔を包み込むように、優しくなでるように洗うのがポイントです。

 

たくさんの泡を作って、ゴシゴシこすらず、手を優しく動かすだけで汚れは充分に落ちます。石けんが充分に泡立ってないと肌をこすってしまい、大切なお肌を傷つけてしまうことにもなりますので注意してください。

 

洗顔は20秒から30秒くらいがベスト

 

洗う時は20秒から30秒くらい、そんなに時間をかけなくても大丈夫です。あごの裏側や髪の生えぎわなども充分に洗い、すすぐ時はぬるま湯で泡を落とすように洗ってください。

 

しっかりすすいで石けんを残さない

 

すすぎが充分でなく、石けんが残ってるようだと、ニキビの原因となったりもするので、充分にすすぐことが大切です。

 

 

 

正しい洗顔方法|脂性肌さんへのワンポイントアドバイス 

脂性肌さんは朝晩しっかり洗顔

 

洗顔方法として、夜にしっかりと洗顔料で洗顔すれば、朝は水だけでいいというのもありますが、脂性肌の人にはお勧めできません。

 

脂性肌の人は乾燥肌の人よりも脂分が多く、寝ている間も乾燥肌の人よりは脂が出るため、朝は水だけの洗顔方法では汚れが充分に落ちず、ニキビの原因となってしまう場合があります。油性肌の人は朝と夜、しっかりと石鹸で洗顔することが大切です。


”ポイントメイク落とし”で美肌をキープ!!

失敗しないスキンケア|10年後の素肌を守るポイントメイク落とし

日頃の正しいスキンケアが、1年後、10年後の肌状態を左右します。大切なのは、正しい方法で汚れを落とし、充分に保湿することです。必要以上に力を入れて洗うのも、お肌に負担をかけるので避けましょう。

 

洗顔とメイク落としの注意点

 

洗顔は、よく泡立てた泡をクッションにしてお肌を包み込むように洗います。おでこや小鼻など、皮脂汚れが溜まりやすい部分は特に丁寧に行います。一方、メイク落としでは、ポイントメイクは専用のものを使い、優しく力を入れず拭き取るように落とします。

 

顔全体のメイクと同じように落とそうとすると、マスカラやアイラインが残りやすくなり、それを落とそうとして余分な力が入ってしまいます。結果として、目元の乾燥やシワにつながってしまうため、専用リムーバなどを使用しましょう。

 

スキンケアの最重要ポイント、保湿

 

汚れを落としたら、今度は充分に潤いを与え、肌状態を整えます。汗や皮脂汚れ、不要な角質をしっかりと落としていれば、化粧水の保湿や美容成分が角質層まで浸透し、より高い効果が得られます。

 

乾燥しやすい頬や口元は特に入念に行い、デリケートな目元は、やはり専用の保湿液やクリームを使うのがいいでしょう。念入りにメイクをした分、メイク落としも丁寧に行う必要があり、特に目元は注意する必要があります。

 

正しい方法をきちんとマスターすれば、素敵なポイントメイクも若々しい美肌もどちらも維持できるのです。


コラム一覧

Tゾーン・U-ゾーンのテカり防止は「皮脂のコントロール」が重要
クレンジングとは、単にメイクを落とすだけでなく、女性の多くが気にする顔の皮脂量を抑える対策のことをいいます。特にTゾーンやUゾーンのお手入れは欠かせないものです。正しいスキンケアで素肌美人になりましょう。
「オイルクレンジング」と「弱酸性」の落とし穴とデメリット。
多くの方が聞き馴染みのある「オイルクレンジング」と「弱酸性」。世間一般では“メイクがしっかり落とせる”、“肌に優しい”というイメージですが、実は意外と知られていない「真実」があります。真実を知りたい方だけご覧ください。
肌荒れの原因!?気になる水洗顔の効果とは
最近流行りの水洗顔で期待できる効果は「お肌への優しさ」です。しかし、いくらお肌に優しいといってもやり方を間違えればかえって逆効果になってしまいます。正しい方法を知って綺麗なお肌を手に入れましょう。
目指せ小顔!フェイスマッサージの基本とは!?
「小顔」は綺麗になりたいと思っている女性にとって欠かすことができないキーワードです。小顔な素肌美人になるためには知識を取得することも大切です。正しい方法を知ってあなたも今日から小顔を目指して一緒に頑張りましょう!