スキンケア 肌質 確認 チェック 基礎化粧品 素肌力 効果的 お手入れ 目元 口元 乾燥

肌質チェック|目元、口元の乾燥が気になる。

 

 

 

 

 

意外と知らない保湿の”盲点”

 

 

バリア機能が保湿を妨げる?

 

ご存知の方がほとんどかと思いますが、化粧水は大部分が”水”でつくられているため、化粧水でいくら保湿してもお肌の奥まで浸透することはありません。では、なぜ浸透しないかのか?これは、角質層のバリアが働いてしまうためにおこります。

 

全ての水分がバリア機能に妨げられるということではないのですが、化粧水でお肌ケアをすると角層の表面は保湿することはできてもすぐに水分が蒸発するので、うるおいをキープすることはできません。

 

なので、化粧水やシートマスクで保湿させる場合は、ビタミンC誘導体やセラミドなどの美容成分を配合したものを使用することをおすすめします。

 

乳液保湿の新事実。

 

保湿の定番として「化粧水をつけたあとに乳液でフタをする」という話を聞いたことがあるかと思います。実はこれ、全ての乳液保湿に当てはまるわけではないのです。

 

乳液の配合成分にセラミドや水分保持力が少なければいくらフタをしてもお肌は乾燥してしまいます。なぜなら、乳液は、約50〜70%が水分で、約10〜20%が油分でつくられているからです。

 

そもそも水分のほうが多いため、水分保持力のない乳液では水分の蒸発を防ぐには物足りないのです。乳液は、セラミドや水分をお肌にとじこめる保湿成分を配合したものを購入しましょう。

 

どんな肌質にも保湿は欠かせない

 

脂性肌の方にどのように保湿しているか聞くと、多くの方が「ベタつきが気になるから乳液やクリームは使用していない」と回答します。実は、脂性肌でもしっかりと保湿しないと肌老化の原因になるのです。

 

なぜなら、保湿をおざなりにするということは、お肌に水分(うるおい)を与えないのと同じだからです。脂性肌の方であっても保湿をしなければ、お肌の深層部が乾燥してしまいます。

 

また、水分不足の肌は逆にテカりが目立つうえ角層のバリア機能が低下してしまうので、大人ニキビの原因にもなります。どんなお肌にも保湿は欠かせませんので、毎日のスキンケアでしっかり保湿しましょう。