20代・30代・40代 年代別!正しい基礎化粧品の選び方

基礎化粧品の正しい選び方 「40代編」

40代の正しい基礎化粧品の選び方

 

お肌の弾力が衰える40代のスキンケアとは?

 

40代の方の基礎化粧品選びは、保湿が重要になってきます。オイリー肌の人で、乾燥がそれほど気にならない人でも、化粧水でさっぱりしたものを選ぶと物足りなく思えるかもしれません。

 

若い頃は潤いが足りていて、肌も水分が行き届いていて、弾力もありますが、年齢と共に水分が不足してきます。40代になるとお肌の弾力も衰えてくるため、乾燥肌の人は水分が足りず、シワなども気になってきます。

 

化粧水、乳液だけでは保湿が足りなく、物足りないなと思ったら水分が不足している証拠ですので、シワ対策としてコラーゲンなどの美容成分が入っている美容液を使ったりすると弾力アップに繋がります。

 

また、基礎化粧品に美白のものを加えることも効果的です。紫外線からシミになりやすく、シミが出来ると、なかなか治りにくいため、普段使っている基礎化粧品のラインを美白のものにするとか、美白の美容液を使うことで、シミ予防になったり、シミ対策になったりします。

 

スキンケアを年齢や肌トラブルに合わせましょう

 

若い頃は何もしなくてもみずみずしく簡単なスキンケアで済んだものが、年齢と共にしっかりとしたスキンケアが重要になってきます。しっかりスキンケアを行うことでお肌の老化を防ぐことができますので、年齢や肌トラブルに合わせたスキンケアをしましょう。


基礎化粧品の正しい選び方 「30代編」

30代の正しい基礎化粧品の選び方

 

ホルモンバランスが変化する30代

 

30代になるといつまでも綺麗なお肌を保ちたい、さらに若々しいお肌を目指したいと思う反面、今後のお肌の心配も増えてきます。年齢を重ねると、ホルモンバランスの変化が現れるようになるのでお肌にも変化が出てくる人が多くなってきます。

 

二十代までは気にならなかったお肌の乾燥、たるみ、目の下のクマが目立つようになってきます。このように色々な変化が出てくる30代には「外部の刺激からお肌を守る」という目線で美白効果やハリを与える効果のある基礎化粧品を選ぶといいでしょう。

 

コラーゲンとトライアルセットで正しいスキンケア

 

これらを補うには酵素の働きを弱め、シミやそばかす、しわなどの色素沈着を解消してくれるハイドロキノンや、皮膚を作る真皮や骨などを作るためのタンパク質の一種であるコラーゲンなどの美容成分が配合されている基礎化粧品を選ぶ必要があります。

 

また、お肌に潤いを与えてくれて乾燥を防ぐ化粧水も重要になってきます。しかし、自分にあった基礎化粧品がどれなのかいまいちわからない人は”トライアルセット”などでお肌に合うか試していただくことをおすすめします。

 

これからの肌が特に気になってくる30代には自分にあった基礎化粧品を選ぶことが必要です。


基礎化粧品の正しい選び方 「20代編」

20代の正しい基礎化粧品の選び方

 

20代に大切なスキンケアとは

 

20代はメイクに興味がある年代ですが、この年代に正しいスキンケアをすることで年齢を重ねたときのお肌の状態が変わってきます。20代は化粧崩れの原因でもある“油浮き”が気になることが多いのですが、油浮きは基礎化粧品で改善することが可能です。

 

ポイントは“洗顔”で、皮脂を落とすことに集中しがちな20代のうちに、お肌を傷つけない適切な洗顔方法を身につけることが、まずは大切になります。ここで重要なのは、こすらず潤いを残す洗顔で、こすらず洗うには洗顔料をしっかり泡立て、直接肌に手を触れずに洗うことです。

 

洗顔と保湿で将来の肌質が決まる

 

泡には洗浄効果があるので、優しく顔全体を泡で包みこみます。さらに洗浄力の高い洗顔料は使用しないことも大切です。基礎化粧品の中でも洗顔は軽視されがちですが、洗顔料を落としすぎず適度な角質を落とす効果があるタイプを選ぶことで肌質改善につながります。

 

洗顔後は保湿も大切です。保湿は乳液か美容液タイプが良いでしょう。化粧水のみだと蒸発して乾燥するため、乳液などを使用して保湿に努めます。20代は肌に足りていないのは水分か油分かで使用する基礎化粧品が変わってきます。

 

化粧カウンターなどで肌の状態をチェックしてもらうことで適切な化粧品を選ぶことができますので、20代から正しい基礎化粧品の選び方を知ることが大切です。また自然治癒力も高い年代でもあるため、適切なケアをすることでお肌は改善していきます。