オイリー肌が改善!素肌美人へと導くスキンケア方法

オイリー肌におすすめスキンケア

脂性肌さんのおすすめスキンケア|気になる肌悩み

 

脂性肌さんは乾燥肌の人に比べてスキンケアが簡単だと思われがちです。しかし、気が付くと顔がテカっていたり、べたついたりとなかなか肌が整わないという人も多いのです。そこで今回は脂性肌さんのおすすめスキンケアを紹介します。

 

乳液はしっかりと!

 

脂性肌さんがやりがちなのが、べたつくのが嫌だから乳液はぬらない、ということです。これではかえってテカリの原因になってしまうことも。しっかりとお肌に水分を与えたら、乳液でお肌にフタをしましょう。乳液のべたつきが気になるなら、脂性肌用のさっぱりした使い心地のものを選ぶといいでしょう。

 

洗い過ぎは禁物

 

顔がべたつくからといって、洗顔のし過ぎも皮脂の分泌を促してしまいます。こまめに洗顔をすることで、お肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、それを補うためにお肌はさらに皮脂をだします。

 

これがテカリの原因といわれていまし。洗顔は1日に1回から2回、ごしごしこすらず泡で包み込むように優しく洗いましょう。いかがでしたでしょうか?脂性の人ほど丁寧なスキンケアが大切です。

 

肌を優しくいたわり、しっかりと保湿をすることで脂性肌の改善へとつながることも多いので、諦めずに丁寧なスキンケアを行いましょう。


季節の変わり目にお肌が敏感になる理由

バリア機能が不安定になる季節の変わり目|敏感肌改善スキンケア

 

季節の変わり目になると、お肌が乾燥してカサカサになったり、ニキビができやすくなります。この原因となるのは外部環境が変化するために、お肌にストレスがかかるからです。その他、気持ちの変化の影響も関係しているといわれています。

 

なぜ肌が敏感になるのか

 

四季の中でも、春先は特にお肌が敏感になりやすいです。春先は寒暖差、紫外線の増加、花粉の飛散量の増加、年度始めによる生活環境の変化、などがあります。これらの要因により、外部の環境が常に変化していくため、お肌のバリア機能が失われて普段よりも敏感になってしまうと考えられています。

 

スキンケアで対策する

 

こういった外的、内的要因によりバリア機能を失ってしまったお肌は、非常にデリケートです。なので、スキンケアをするときには優しく扱う、ということを常に意識してあげましょう。

 

その他、できる限り刺激を受けないように工夫することも大切です。例えば、外に出るときには紫外線対策として薄手の上着を着るなど、手軽にできる工夫を取り入れましょう。

 

バリア機能を失った状態で、美容液や乳液をつけても、根本的な解決にはなりません。逆に、過剰なスキンケアで刺激を生み出して悪化させてしまう可能性もあります。優しくケアして、紫外線を避けるということを念頭に置いておきましょう。