敏感肌の方が知っておきたい低刺激スキンケアとは?

敏感肌の方に知ってもらいたい”正しい知識”

敏感肌|あなたのお肌は本当に敏感肌ですか?

敏感肌の方の多くは「小さいときから敏感肌で悩んでいる」と感じているようです。しかし、実はそうでない場合があります。なぜなら、敏感肌のタイプは2つあり、「間違ったスキンケアで敏感肌になったタイプ」と「生まれつき敏感肌のタイプ」があります。

 

間違ったスキンケアで敏感肌になったタイプ

 

実は生まれつきではなく、間違ったスキンケアで敏感肌になってしまう方が多いようです。敏感肌になる原因の多くが肌荒れや乾燥ですが、間違ったスキンケアをする方は、これらの原因によって角層のバリア機能を低下させてしまうのです。

 

角層のバリア機能を低下させてしまうと外部刺激を受けやすくなり、お肌が敏感になってしまいます。したがって、このような理由によって敏感肌になっている場合は、しっかりとスキンケアすれば改善することができます。

 

その他にも、間違ったスキンケアとして、クレンジングのやり過ぎや肌負担が大きい日焼け止めを塗ること、お肌に合わない化粧品を使用することなどがあります。また、寝不足や不規則な生活によって、お肌の抵抗力を低下させてお肌が敏感になってしまうものがあります。

 

このように間違ったスキンケアでお肌が敏感な状態になった場合は、スキンケアや生活習慣の改善で治すことができます。

 

生まれつき敏感肌のタイプ

 

本当の敏感肌は、もともとお肌が薄く、乾燥しやすかったりするため、何かが触れただけでかゆくなったり、化粧品に含まれるわずかなアルコールでかぶれてしまうなど、普通の人よりも外部刺激を過剰に反応しやすい特徴があります。

 

このように生まれつき敏感肌の場合、まずは低刺激の化粧品を使用することが大切です。使用するスキンケアアイテムは、敏感肌専用の基礎化粧品をライン使いするなど、できるだけシンプルにすることがいいでしょう。

 

敏感肌に効果的なものをお探しの方はこちらの「敏感肌化粧品ランキング」を参考にしてください。

 

一時的に敏感肌になってしまったら

 

いつもは敏感肌でなくても、生理前や寝不足のときなどにお肌が一時的に敏感になってしまうことがあります。もしこのような状態になったら、まずは焦らずに対処することが大切です。

 

クレンジングは使用せずに洗顔石けんを使用し、やさしく洗いあげましょう。洗顔後は、余計なものををつけず保湿美容液を使用してください。メイクをする場合は、低刺激の日焼け止めを(下地)を塗り、軽めのルースパウダーやパウダーファンデーションで外部刺激からお肌を守りましょう。


コラム一覧

アトピー性皮膚炎の正しいスキンケア方法とは?
敏感肌の方の中にはアトピー性皮膚炎で悩んでいる方がいます。通常の敏感肌の方よりも症状が深刻でお肌のバリア機能が低下しているため毎日のスキンケアにも工夫が必要になります。すぐに完治するものではありませんが、毎日のスキンケアが正しければ肌質改善することができます。