毛穴悩み対策に欠かせない”皮脂を抑える栄養素”とは?

皮脂分泌を抑えてくれる栄養素とは

毛穴詰まり対策|皮脂を抑える栄養素と食べ物とは

毛穴の「開き」「黒ずみ」「たるみ」と、毛穴悩みにもさまざまな種類があります。しかし、どの毛穴悩みも皮脂が関係していることをご存知でしょうか。皮脂が多いと毛穴詰まりの原因となったり、毛穴が目立って見えてしまいます。

 

毛穴対策には毎日のスキンケアが大切なのですが、スキンケアといってもお肌の外側からだけでなく、カラダの内側からもしっかりケアしてあげなければなりません。

 

そのため、皮脂分泌をコントロールする栄養素をとることをおすすめします。毛穴に効く食べ物で内肌力を高めましょう。

 

皮脂を抑える「ビタミンB」

 

皮脂の分泌を抑える栄養素として有名なのが「ビタミンB1」。ビタミンB1は、炭水化物の代謝を助けてくれる栄養素です。カラダの中で炭水化物が代謝されないと皮脂が多く分泌されてしまうのですが、ビタミンB1はそれを予防してくれます。

 

おすすめの食品は「豚肉」や「うなぎ」、「玄米」などです。

 

ビタミンB1がとれる食品

焼き海苔、豚ヒレ肉、豚モモ肉(赤身)、豚ロース、ピーナッツ、うなぎ、たらこ、ごま、玄米、グリンピース、鶏レバー、そば

 

皮脂の分泌をコントロールする「ビタミンB2」

 

ビタミンB2は、脂質の代謝を促し、皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。そのため、ビタミンB2が不足するとお肌がテカってしまったり、毛穴に皮脂が詰まる原因となります。ビタミンB2は緑黄色野菜や魚などでとることができます。

 

ビタミンB2がとれる食品

豚レバー、牛レバー、鶏レバー、うなぎ、納豆、まいたけ、たらこ、卵、モロヘイヤ、いわし、ぶり、生しいたけ

 


顔のテカりをなくす方法とは

顔のテカり対策|皮脂を抑える「2つの簡単ケア」

汗ばむ季節は特に気になる「顔のテカり」。これも皮脂が多く分泌されていることが原因で起こります。そのため、テカりを抑えるケアをしなければなりません。

 

テカりを放置しておくと、肌の上で酸化してしまい、過酸化脂質という老化物質に変化してしまうのです。

 

テカりはこまめにオフが原則

 

顔のテカりは毎日の洗顔である程度抑えることができますが、日中に外出している時にまで洗顔することはできませんのであぶらとり紙でこまめに皮脂をオフしましょう。

 

しかし、中にはあぶらとり紙でお肌を傷つけてしまったり、乾燥の原因になると勘違いしている方がいます。あぶらとり紙は、肌表面に浮いた皮脂を取るだけなので乾燥する原因にはなりません。

 

しかも”サッ”と押さえ取るだけなので、お肌を傷つけず簡単に皮脂をオフすることができます。皮脂は老化を促進させるものですので、しっかりとケアをしましょう。

 

オーバーカロリーには注意!

 

皮脂分泌は毎日の食生活とも深い関係があります。1日の摂取カロリーを超えてしまう「オーバーカロリー」になると、皮脂が余分に分泌されてしまいます。そのため、調理方法に工夫が必要になります。

 

例えば、お肉をゆでたり、煮たりするだけで摂取する油は少なくなります。油ものや甘いものの食べ過ぎには注意しましょう。


コラム一覧

毛穴詰まりを解消する”スッキリスキンケア”とは
毛穴詰まりは女性の肌悩みのひとつです。毛穴詰まりをそのままにしておくとニキビの原因にもなるので正しいスキンケアで解消しましょう。毛穴詰まりを解消すると化粧ノリもよくなります。今からできる毛穴詰まり解消“スッキリスキンケア”をご紹介します。
たるみ毛穴改善で老け顔解消!今すぐ始めたい毛穴ケア!!
たるみ毛穴を改善したいと悩んでいる方も多いことでしょう。毛穴がたるんでしまうと老けて見られてしまいますので、毎日のスキンケアで何とか改善したいものです。ここでは毛穴をキュッと引き締める方法についてご紹介します。ぜひともお役立てください。