ニキビ跡の赤身が消えない!コンシェルジュが教えるニキビ対策!!

ニキビ跡はどうしてできるの??

ニキビ跡ができるメカニズム

ニキビが発症するとなかなか完治するのは難しく、ストレスがたまるもの。しかし、これをそのまま放っておくと、いつしか発症が治まっても深刻なニキビ跡が残ってしまいます。ではこのニキビ跡はどのようなメカニズムで出来るのでしょうか。

 

皮膚の深部まで組織を破壊

 

ニキビの症状にもいくつかの段階があります。初期であれば入念な洗顔や保湿などで改善することが可能ですが、一度炎症が起こり、やがてそれが化膿などに発展すると皮膚の表面のみならず、皮膚の深部へと症状がおよびニキビ跡になってしまいます。

 

そうやって皮膚組織を破壊して深刻なダメージを受けると、ニキビの症状が治まったあとに、自らの力でターンオーバーできなくなってしまうのでお肌が生まれ変わることなく古いままの状態になってしまいます。

 

新陳代謝できず跡が消えなくなる

 

通常の皮膚は次から次に新しい細胞が生え変わっていくことで新陳代謝が行われます。こうして皮膚表面に出来た傷なども肌のターンオーバーによって消えていくのです。しかしニキビが深くにまでおよぶと組織が破壊されてターンオーバーの能力が失われてしまいます。

 

こうしてなかなかニキビ跡が消えない状態が出来上がるのです。その症状にも様々なものがあり、クレーター状になるものもあれば、シミやミミズ腫れのようにニキビ跡が赤くなって消えなくなる場合もあります。

 

こういったニキビ跡が出来る前に、医療機関にて早急に治療を受ける必要があります。またニキビ跡は、ピーリングや日々の洗顔や保湿など、ニキビケア専用の基礎化粧品で改善することも可能です。決して諦めず治療を続けていきましょう。


大人ニキビの原因は”睡眠”にアリっ!!

ニキビケアで大切な睡眠時間

睡眠不足はニキビ予防の大敵

 

ニキビができてします理由には、ホルモンバランスの乱れがあります。これをスキンケアだけで治そうとするのは少し無理があります。なぜなら、ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活を送ることが大切で、特に睡眠不足になると、肌の免疫力が低下してニキビができやすくなるからです。

 

ニキビを予防するためには毎日6時間以上の睡眠をとることが大切です。たとえ仕事で帰りが遅くなったとしても、食事やお風呂を早くすませて就寝しましょう。ただし、就寝時間がバラバラになると、体内時計が乱れてしまい、肌の再生にかかわる成長ホルモンの分泌に影響を与えてしまいます。

 

規則正しい睡眠が美肌をつくる

 

ニキビ予防のための睡眠は、できるだけ同じ時間に就寝して、同じ時間に起床するといった規則正しい生活が大切ですので、思い当たる方は、今すぐ改善しましょう。

 

 

 

ニキビ対策として最適なスキンケアアイテム 


コラム一覧

”ノンコメドジェニック”でにきびを予防しよう!!
にきび予防に効果的な「ノンコメドジェニック」をご存知でしょうか。ニキビの原因といえば「アクネ菌」といわれていますが、このアクネ菌の増殖を防ぐためには効果的なものとして今話題の「ノンコメドジェニック」などについて解説します。
必見!ニキビが気にならない「ニキビ肌メイク術」
ニキビ肌で悩んでいる方は、スキンケアだけでなくメイクにも悩んでいます。使用するコスメによってはニキビが悪化してしまうこともあるため、アイテム選びにも注意が必要です。ニキビ肌の方におすすめのコスメやメイク術をお教えします。
ニキビ肌に良い食べ物。知っておきたい「納豆」と「卵」の秘密
ニキビができる原因のひとつに食べ物があります。お肌にとって大切なものは外側からだけでなく、カラダの内側からも美容効果の高い食べ物を食べることが大切です。美容効果の高い食べ物が何かわからない方も多いことでしょう。スキンケアコンシェルジュが美容効果の高い「身近な食材」をご紹介します。
ニキビ肌に効果的な「鶏肉」と「まぐろ」の美容効果とは?
ニキビ予防といえばスキンケアアイテムを想像してしまいますが、実は毎日の食事にも関係している“意外な食べ物”を取り入れるだけでも効果があります。綺麗なお肌は食べ物が作りますので、ニキビに効く食べ物を知って、ぜひ毎日の食事に取り入れてみましょう。