肝斑の原因は「ホルモンバランス」にアリ!原因と治療法を知ろう!

肝斑ができる原因と治療法とは??

ホルモンバランスの乱れによって両、頬に対照的できる「肝斑」

シミはひとつでもできると、見た目年齢を上げてしまう要因となるので、気になる方が多いでしょう。小さいものでも気になるのに、徐々に広がってしまうと、かなりのコンプレックスになってしまいます。

 

シミにはさまざまな種類があり、「肝斑」は両頬に大きくできるのが特徴です。ここでは、この種類のシミの原因や美容皮膚科などで受けられる、治療法について紹介します。

 

ホルモンバランスが原因だった!

 

もやもやとした境界線がはっきりとしないシミが、両頬に対照的、しかも広範囲に現れるのが「肝斑」の特徴です。この肌トラブルはホルモンバランスの乱れで、起こりやすいと考えられています。

 

実際、妊娠・出産をした女性や女性ホルモンバランスが、崩れやすくなる30代から40代にかけて、この症状が起こりやすくなっています。この他にもマッサージなど、皮膚に強い摩擦が加わることでも、起こりやすいようです。

 

美容皮膚科の治療で薄くできる!

 

美容皮膚科などのクリニックでは、シミの治療はレーザーを用いる方法が、ポピュラーに行われています。以前は肝斑にレーザーを照射すると、余計に症状が悪化するといわれていたため、レーザーによる治療は行われておりませんでした。

 

しかし、医療技術の発達により、レーザー治療でシミを薄くする治療が、現在では受けられるようになりました。レーザー治療の他にも「ハイドロキノン」といった、外用薬の処方も一般的ですので、レーザー治療に不安を感じる方にはそちらがオススメです。


花弁状色素斑の原因と治療法とは??

強烈な紫外線を浴びてできる日焼けジミ「花弁状色素斑」

シミといえば顔にできるイメージがありますが、実は体にできる“シミ”もあることをご存知でしょうか。「花弁状色素斑」というシミは、体にできるシミの一種で、特に首や肩にかけてあらわれるのが特徴です。

 

首や肩という部分にできやすいということもあり、自分では気づきにくく、ケアが遅くなってしまケースも少なくありません。ここでは原因や対処法、治療法について紹介します。

 

強烈な紫外線が原因だった!

 

「花弁状色素斑」は、首や肩にかけて、花弁が散ったようなシミができることから、このような名前がつけられました。通常の紫外線ではなく、強烈な紫外線を浴びることであらわれるため、「日焼けジミ」ともいわれています。

 

紫外線を浴び、メラニン色素が大量に作られることで、この症状は起こります。20代から30代に多く、特に色白の方や日焼けをすると皮膚が赤くなりやすい方に、起こりやすいシミです。日焼けには充分気をつけましょう。

 

日焼けじみの予防と治療法

 

花弁状色素斑、通称「日焼けじみ」は、強烈な紫外線を浴びることで起こります。海など長時間、強い日差しを受ける所に行くという場合は、日焼け止めをしっかり塗ることはもちろん、日焼けじみが現れる首や肩は服やタオルなどでガードしましょう。

 

美容皮膚科などのクリニックでは、レーザーやケミカルピーリング、ハイドロキノンなどによる治療を行っていますので、すでにシミで困っている方は、ぜひクリニックへ行くことをオススメします。


コラム一覧

シミと肝斑は違うもの??見分け方の「コツ」とは
肝斑はシミの一種ですが、一般的な症状や対策は異なります。そのため、正しい知識がないと逆効果の対策をしてしまうことも。シミと肝斑の違い、そして、見分け方を分かりやすく解説します。ぜひ参考にしてください。
シミ対策!美白化粧品の”正しい”選び方とは
シミ対策の基本といえば「美白化粧品」です。しかし、間違った化粧品選びをしている女性が多いようです。シミ対策化粧品の中には、美白成分が配合されていないことがあるため、美白化粧品は正しく選んで“シミトラブル”を改善しましょう。
シミ予防!美白化粧品の効果を高める秘訣とは
シミ対策の絶対条件は“予防”です。そのためには毎日のスキンケアを手抜きすることなく強化することが大切です。ここでは美白化粧品の効果を高める”秘訣“とワンポイントメイク術をご紹介します。
徹底的シミ予防!美白効果を高める「コツ」とは
シミ予防に”美白化粧品”は欠かせないアイテムです。ちょっとした工夫をするだけで美白効果を高める方法がありますので、ここでは美白効果を高める「ピーリング」と「ビタミンCについて解説します。
肌悩み改善!目からウロコのシミの消し方とは
肌悩みの代表格「シミ」で悩む女性はとても多いのですが、正しい“消し方”を知っている女性は多くありません。スキンケアは毎日するからこそ正しい方法で行うことが大切です。素肌美人を目指す女性へ“シミの正しい消し方”をご紹介します。
シミに”効果的な美容成分”と”解消するコツ”とは
“シミ予防”にはカラダの内側と外側の両方から効果的に美容成分を摂取することが大切です。ただし、シミには種類があるので症状にあった成分でなければ毎日のスキンケアが無駄になります。シミ予防と解消に効果的な美容成分をご紹介します。
肌トラブル改善!シミの”種類”と”治療法”とは
シミには炎症性色素沈着や老人性色素斑など、種類も多く、それぞれに治療法が異なります。そのため、「シミの種類」と「治療法」を知ることが対策の第一歩になります。正しい治療法を知って素肌美人になりましょう。
シミ予防!「脂漏性角化症」と「雀卵斑」ができる原因とは?
「脂漏性角化症」と「雀卵斑」はあまり聞き馴染みのない言葉ですが、これらは女性の“天敵”シミの種類です。「脂漏性角化症」と「雀卵斑」を治すためには原因を知ることが予防の第一歩です。正しい知識で素肌美人を手に入れましょう。