シミ予防!「脂漏性角化症」と「雀卵斑」ができる原因を知ろう!!

脂漏性角化症ができる原因とは??

紫外線が原因でできるイボ状のシミ「脂漏性角化症」

茶色っぽい膨らみがあるイボのようなものが、顔や首にできると「もしかして悪い病気じゃ」と、不安に感じる方も多いでしょう。中には悪性の腫瘍もありますが、脂漏性角化症というシミの種類であるケースも多く、治療により改善が可能です。

 

ここでは、この脂漏性角化症という種類のシミがどのような原因でできるのか、予防法や美容皮膚科などで受けられる、治療法について紹介します。

 

長年の紫外線が蓄積した事が原因!

 

脂漏性角化症は、一見名前だけでは分かりませんが、いくつかあるシミの種類に含まれます。皮膚表面がイボのように膨らみ、表面がざらざらしている点が特徴です。膨らんだ部分は茶色い、色素沈着が見受けられます。

 

このシミは長年、紫外線を浴び続けメラニン色素が沈着し、角質が厚くなることでできると考えられていますが、体質的に出来やすい方もいるので注意が必要です。

 

気になる予防法と治療方法

 

脂漏性角化症の最大の原因は、紫外線です。予防するには、紫外線からお肌を守る必要があります。夏場だけでなく冬場も紫外線は、地上に降り注いでいるので、1年中日焼け止めなどで紫外線対策を行いましょう。

 

出来てしまったものは、クリニックの治療で改善が可能です。一般的にレーザーや電気メスで切り取る治療や、凍結治療などが一般的です。


雀卵斑ができる原因とは??

遺伝も関係している「雀卵斑(そばかす)」もシミの一つ

シミにはさまざまな種類があり、実は「そばかす」もシミの1つと言われていることをご存じでしょうか。そばかすは”雀卵斑”といわれており、鼻を中心として細かな茶色い色素沈着が、両頬に広がってできるのが特徴です。

 

顔だけでなく、首やデコルテにもできやすいので、気になる方も多いのではないでしょうか。ここではそばかすの原因と対策、治療法について紹介します。

 

遺伝が大きく関わっている「そばかす」

 

そばかすは医学的には「雀卵斑」といわれるシミの種類です。一般的なシミは大きなものがポツポツとできますが、そばかすの場合細かい色素沈着が、数多くあらわれます。

 

遺伝が大きく関わっており、そばかすができやすい体質の方がいると考えられています。紫外線を浴びることで、メラニン色素が作られそばかすの原因となる為、しっかりと紫外線対策は行いましょう。

 

治療でそばかすを解消

 

そばかすは紫外線を浴びたことで、メラニン色素が肌に沈着して起こるシミの1種です。細かい色素沈着が、鼻を中心にして両頬に広がるので、コンプレックスに感じる方も少なくありません。

 

最近は美容皮膚科などで、そばかすの治療が行われるようになりました。治療法にはレーザーやトレチノイン・ハイドロキノンといった外用薬の処方が、一般的となっています。


コラム一覧

シミと肝斑は違うもの??見分け方の「コツ」とは
肝斑はシミの一種ですが、一般的な症状や対策は異なります。そのため、正しい知識がないと逆効果の対策をしてしまうことも。シミと肝斑の違い、そして、見分け方を分かりやすく解説します。ぜひ参考にしてください。
シミ対策!美白化粧品の”正しい”選び方とは
シミ対策の基本といえば「美白化粧品」です。しかし、間違った化粧品選びをしている女性が多いようです。シミ対策化粧品の中には、美白成分が配合されていないことがあるため、美白化粧品は正しく選んで“シミトラブル”を改善しましょう。
シミ予防!美白化粧品の効果を高める秘訣とは
シミ対策の絶対条件は“予防”です。そのためには毎日のスキンケアを手抜きすることなく強化することが大切です。ここでは美白化粧品の効果を高める”秘訣“とワンポイントメイク術をご紹介します。
徹底的シミ予防!美白効果を高める「コツ」とは
シミ予防に”美白化粧品”は欠かせないアイテムです。ちょっとした工夫をするだけで美白効果を高める方法がありますので、ここでは美白効果を高める「ピーリング」と「ビタミンCについて解説します。
肌悩み改善!目からウロコのシミの消し方とは
肌悩みの代表格「シミ」で悩む女性はとても多いのですが、正しい“消し方”を知っている女性は多くありません。スキンケアは毎日するからこそ正しい方法で行うことが大切です。素肌美人を目指す女性へ“シミの正しい消し方”をご紹介します。
シミに”効果的な美容成分”と”解消するコツ”とは
“シミ予防”にはカラダの内側と外側の両方から効果的に美容成分を摂取することが大切です。ただし、シミには種類があるので症状にあった成分でなければ毎日のスキンケアが無駄になります。シミ予防と解消に効果的な美容成分をご紹介します。
肌トラブル改善!シミの”種類”と”治療法”とは
シミには炎症性色素沈着や老人性色素斑など、種類も多く、それぞれに治療法が異なります。そのため、「シミの種類」と「治療法」を知ることが対策の第一歩になります。正しい治療法を知って素肌美人になりましょう。
老け顔予防!肝斑と花弁状色素斑ができる原因を知ろう!
女性の多くが悩む「肝斑」。両頬に大きなシミができるので老けて見られる原因になってしまいます。一度できると中々消えないのが「シミ」の特徴でもあるので早いうちから予防することが大切です。「肝斑」の原因と治療法を知って素肌美人を目指しましょう!