シミの種類と治療法を知ることがシミ対策への”第一歩”

シミの種類:炎症性色素沈着

日焼けやニキビ跡がシミになってしまう「炎症性色素沈着7」とは??

ニキビやケガ、やけどの跡がシミのように残ってしまったという経験を持つ方も、少なくありません。また、なかなか消えない跡になってしまいやすく、コンプレックスに感じてしまいがちです。

 

このような肌トラブルは「炎症性色素沈着」といわれ、シミのひとつといわれています。ここでは、なぜニキビなどで色素沈着を起こしてしまうのか、予防法や対処法、治療方法などをご紹介します。

 

紫外線が最大の原因だった!

 

ニキビやケガ、やけどなどが治ったのにも関わらず、跡が残ってしまうケースは少なくありません。これは「炎症性色素沈着」という、シミの種類です。このタイプの色素沈着は紫外線を浴びたことで、メラニン色素が大量に作られることにより起こってしまいます。

 

これは、ニキビなど皮膚がダメージを負っている部分に紫外線が当たると、お肌を守ろうという防御反応が働くため、いつも以上にメラニン色素を作り出してしまい、色素沈着を招きやすいといわれています。

 

予防と対処、そして治療法は?

 

炎症性色素沈着は、肌トラブルがある部分に紫外線が当たることで起こります。予防するには、日焼け止めなどでしっかり紫外線からお肌をガードすることで軽減することができます。

 

ただし、もし色素沈着ができてしまったら、保湿を十分に行いお肌のターンオーバーを高めてあげるなど、色素沈着の原因となっているメラニン色素の排出を促すエイジングケアをしてあげると良いでしょう。

 

市販の化粧品でもピーリング剤が配合されているものでも一定上の効果は得られますが、何を選べばいいか分からない方は、クリニックでのレーザーやケミカルピーリング、外用薬による治療がオススメです。


シミの種類:老人性色素斑

紫外線でできるシミの代表格「老人性色素斑」

ファンデーションやコンシーラーでもカバーすることが難しい“シミ”に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。シミにはいくつか種類があり、その中でも特に多いといわれているのが「老人性色素斑」です。

 

「老人性」という名前がついていることから、何となく年齢を重ねた人に出来やすいというイメージがありますが、実は20代でも出来るケースがあるので注意しましょう。

 

やはり紫外線が最大の敵だった!

 

多くのシミは、紫外線を浴びたことでできますが、その中でも紫外線でできるシミの代表格といわれているのが、「老人性色素斑」です。このシミの特徴は、長い年月で紫外線を浴び続けたことで起こります。

 

紫外線を浴びると肌を守ろうとするためにメラニン色素が大量に作られます。この「老人性色素斑」は、頬など紫外線を浴びやすい部分にできやすく、老人性という名前はついていますが、若い頃から紫外線対策をしていなければ、20代・30代でも症状があらわれます。

 

これ以上作らせない!予防法と治療法

 

老人性色素斑は、紫外線を浴びることできるので、予防したいなら紫外線対策を、しっかり行いましょう。紫外線量が多くなる春から夏にかけてだけでなく、冬場も紫外線は降り注いでいるので、日焼け止めを塗るなどの対処が必要です。

 

また、できてしまったものは美容皮膚科などでの治療改善できます。レーザー治療やケミカルピーリング、ハイドロキノンといった外用薬の処方が一般的です。


コラム一覧

シミと肝斑は違うもの??見分け方の「コツ」とは
肝斑はシミの一種ですが、一般的な症状や対策は異なります。そのため、正しい知識がないと逆効果の対策をしてしまうことも。シミと肝斑の違い、そして、見分け方を分かりやすく解説します。ぜひ参考にしてください。
シミ対策!美白化粧品の”正しい”選び方とは
シミ対策の基本といえば「美白化粧品」です。しかし、間違った化粧品選びをしている女性が多いようです。シミ対策化粧品の中には、美白成分が配合されていないことがあるため、美白化粧品は正しく選んで“シミトラブル”を改善しましょう。
シミ予防!美白化粧品の効果を高める秘訣とは
シミ対策の絶対条件は“予防”です。そのためには毎日のスキンケアを手抜きすることなく強化することが大切です。ここでは美白化粧品の効果を高める”秘訣“とワンポイントメイク術をご紹介します。
徹底的シミ予防!美白効果を高める「コツ」とは
シミ予防に”美白化粧品”は欠かせないアイテムです。ちょっとした工夫をするだけで美白効果を高める方法がありますので、ここでは美白効果を高める「ピーリング」と「ビタミンCについて解説します。
肌悩み改善!目からウロコのシミの消し方とは
肌悩みの代表格「シミ」で悩む女性はとても多いのですが、正しい“消し方”を知っている女性は多くありません。スキンケアは毎日するからこそ正しい方法で行うことが大切です。素肌美人を目指す女性へ“シミの正しい消し方”をご紹介します。
シミに”効果的な美容成分”と”解消するコツ”とは
“シミ予防”にはカラダの内側と外側の両方から効果的に美容成分を摂取することが大切です。ただし、シミには種類があるので症状にあった成分でなければ毎日のスキンケアが無駄になります。シミ予防と解消に効果的な美容成分をご紹介します。
シミ予防!「脂漏性角化症」と「雀卵斑」ができる原因とは?
「脂漏性角化症」と「雀卵斑」はあまり聞き馴染みのない言葉ですが、これらは女性の“天敵”シミの種類です。「脂漏性角化症」と「雀卵斑」を治すためには原因を知ることが予防の第一歩です。正しい知識で素肌美人を手に入れましょう。
老け顔予防!肝斑と花弁状色素斑ができる原因を知ろう!
女性の多くが悩む「肝斑」。両頬に大きなシミができるので老けて見られる原因になってしまいます。一度できると中々消えないのが「シミ」の特徴でもあるので早いうちから予防することが大切です。「肝斑」の原因と治療法を知って素肌美人を目指しましょう!