シミ予防!美白効果を高める「コツ」を知りたい方へ

シミ予防には美白効果を高める「ピーリング」がピッタリ

シミ改善|美白効果と内肌力を高める方法

シミを改善させるためには、毎日のスキンケアが大切です。特に美白ケアに力を入れる必要があります。ただし、通常の美白ケアだけではとれないシミがあることをご存じでしょうか。

 

通常の美白化粧品は、メラニン色素をつくる“プロセス”にアプローチするため、すでにつられてしまったメラニン色素には効果を期待することができません。そのため、シミがとれない場合があります。

 

そこでシミ対策マル秘テクニックとしておすすめしたいのが「ピーリング」です。ピーリングは、すでにつくられてしまったメラニン色素をスムーズに排出するサポートをしてくれるので美白ケアにプラスするだけで効果が高まります。

 

紫外線や加齢が原因のシミに効果的

 

通常、つくられたメラニン色素はお肌が生まれかわる“ターンオーバー”のサイクルにのって排出されます。ピーリングはその働きを手助けするため、美白化粧品だけでは改善できないシミにも効果が期待できます。

 

特に加齢とともにターンオーバーのサイクルが遅くなっている方におすすめです。ピーリングを行うと、ターンオーバーを早める効果があるため、メラニン色素を排出するスピードがアップします。

 

そのほかにも、ピーリングには古い角質を落とす効果や美白成分の浸透力を高める効果があります。顔だけでなくボディにも効果が期待できるので、気になる方はぜひ試してみて下さい。


シミ予防には「ビタミンC」が効果アリ!!

シミ改善|美白効果と内肌力を高める方法

女性の多くが悩むシミ対策にとって、「シミつくらせない」「シミを濃くさせない」などの予防が大切になります。シミ予防は、美白化粧品やピーリングだけでなく、カラダの内側から行うことも必要です。

 

カラダの内側からシミを予防するためには「ビタミンC」が有効です。ビタミンCは、メラニンの沈着を抑え、シミを薄くする効果がありますので、特に紫外線量が多い時期に、積極的に摂取することをおすすめします。

 

ただし、ビタミンCは体内に「とりだめ」ができない栄養素なので、摂取する際は、数回に分けるといいでしょう。ちなみに、新陳代謝を促し、シミを排出させる「ビタミンA」を一緒に取るとより効果的です。

 

ビタミンA (含有量が多い順)
鶏レバー、うなぎ、モロヘイヤ、にんじん、とうみょう、春菊、ほうれんそう、かぼちゃ、大根の葉、ルッコラ、にら、小松菜、かぶの葉、菜の花、チンゲン菜、プルーン、ブロッコリー、にんにくの芽

 

ビタミンC (含有量が多い順)
赤パプリカ、黄パプリカ、菜の花、ブロッコリー、かぶの葉、カリフラワー、ゴーヤ、とうみょう、甘柿、キウイ、ルッコラ、イチゴ、さやえんどう、ネーブル、パパイヤ、キャベツ、じゃがいも、トマト

 


コラム一覧

シミと肝斑は違うもの??見分け方の「コツ」とは
肝斑はシミの一種ですが、一般的な症状や対策は異なります。そのため、正しい知識がないと逆効果の対策をしてしまうことも。シミと肝斑の違い、そして、見分け方を分かりやすく解説します。ぜひ参考にしてください。
シミ対策!美白化粧品の”正しい”選び方とは
シミ対策の基本といえば「美白化粧品」です。しかし、間違った化粧品選びをしている女性が多いようです。シミ対策化粧品の中には、美白成分が配合されていないことがあるため、美白化粧品は正しく選んで“シミトラブル”を改善しましょう。
シミ予防!美白化粧品の効果を高める秘訣とは
シミ対策の絶対条件は“予防”です。そのためには毎日のスキンケアを手抜きすることなく強化することが大切です。ここでは美白化粧品の効果を高める”秘訣“とワンポイントメイク術をご紹介します。
肌悩み改善!目からウロコのシミの消し方とは
肌悩みの代表格「シミ」で悩む女性はとても多いのですが、正しい“消し方”を知っている女性は多くありません。スキンケアは毎日するからこそ正しい方法で行うことが大切です。素肌美人を目指す女性へ“シミの正しい消し方”をご紹介します。
シミに”効果的な美容成分”と”解消するコツ”とは
“シミ予防”にはカラダの内側と外側の両方から効果的に美容成分を摂取することが大切です。ただし、シミには種類があるので症状にあった成分でなければ毎日のスキンケアが無駄になります。シミ予防と解消に効果的な美容成分をご紹介します。
肌トラブル改善!シミの”種類”と”治療法”とは
シミには炎症性色素沈着や老人性色素斑など、種類も多く、それぞれに治療法が異なります。そのため、「シミの種類」と「治療法」を知ることが対策の第一歩になります。正しい治療法を知って素肌美人になりましょう。
シミ予防!「脂漏性角化症」と「雀卵斑」ができる原因とは?
「脂漏性角化症」と「雀卵斑」はあまり聞き馴染みのない言葉ですが、これらは女性の“天敵”シミの種類です。「脂漏性角化症」と「雀卵斑」を治すためには原因を知ることが予防の第一歩です。正しい知識で素肌美人を手に入れましょう。
老け顔予防!肝斑と花弁状色素斑ができる原因を知ろう!
女性の多くが悩む「肝斑」。両頬に大きなシミができるので老けて見られる原因になってしまいます。一度できると中々消えないのが「シミ」の特徴でもあるので早いうちから予防することが大切です。「肝斑」の原因と治療法を知って素肌美人を目指しましょう!