シミ予防と対策!「美白化粧品」の正しい選び方を知りたい方へ

美白化粧品の”正しい選び方”を知る前に

シミ対策|美白化粧品選びで勘違いしてはいけないこと

シミ対策化粧品を購入するさいに注意したいことがあります。それは、「美白っぽい化粧品」と「美白成分配合化粧品」を選び間違えないことです。ドラックストアでパッケージがなんとなく白かったり、商品名に「ホワイト」というフレーズが入った化粧品を見たことがありませんか?

 

実は、美白化粧品と紹介されているものの中には、美白成分が入っていないことがあります。そもそも美白化粧品とは、美白成分がきちんと配合されているものをさします。そのため、美白化粧品を購入するさいは、よく確認してから購入することが大切です。

 

美白成分の働きを知ろう

 

では、美白成分とはどのような働きをするのでしょうか。シミの原因となる「メラニン色素」は、紫外線が肌に当たると生成するのですが、美白成分はこのメラニン色素の生成を抑制する働きをします。

 

ただし、美白成分によってはメラニンに働きかけるタイミングが異なるため注意が必要です。また、美白というと、肌全体を白くしてくれるようなイメージがありますが、実はそれは誤解です。

 

美白成分はメラニンの生成を抑えることが目的なので、メラニン色素と関係のないものまで白くすることができません。

 

メラニン色素ができる理由を知ろう

 

通常メラニンは、ターンオーバーとともに排せつされるのですが、紫外線やターンオーバーの不調などの影響でシミのもととなるメラノサイトが過剰に活動してしまうことがあります。

 

このメラノサイトの活動が過剰になると、メラニン色素が大量に作られてしまいシミとなります。


シミ対策に効果的な「美白成分」を知ろう

シミ対策|メラニン生成までに効果的な美白成分とは

STEP1 メラニン生成前

 

紫外線が肌表面にあたると「エンドセリン」などの情報伝達物質が分泌されます。この物質が、シミのもととなるメラノサイトに「メラニン生成」の指示を出します。

 

指令物質を抑制する美白成分
カモミラET、トラネキサム酸、t-AMCHA など

 

STEP2 メラニン生成中

 

情報伝達物質がメラノサイトに届くと、「チロシン」というアミノ酸がまず始めにつくられます。そして、次にメラノサイトにのみ存在する「チロシナーゼ」という酸化酵素が働き、メラニン色素になります。

 

チロシナーゼを減らしたり働きを抑える美肌成分
アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、トラネキサム酸、油溶性天草エキス、リノール酸 など

 


美白化粧品の正しい選び方

シミ対策|美白化粧品の正しい選び方

美白化粧品には、先ほどご紹介した医薬部外品指定の「シミ対策に効果的な美白成分」が含まれているものとそうでないものがありますが、医薬部外品指定されていない美白成分も沢山あります。

 

ではその中から自分の肌に合う、そして効果のある化粧品を選ぶにはどうしたらいいでしょうか。

 

正直、「この化粧品が効く!」という絶対的な化粧品はありませんので、選ぶ自身がない方は、医薬部外品指定の美白成分配合の化粧品を選ぶといいでしょう。しかし、人によって成分との相性や効果も異なるため、トライアルセットなどで根気よく試していくことが本当は正しい選び方といえるでしょう。

 

トライアルセットで根気強く自分に合ったものを選びたい方は、「 シミが改善する基礎化粧品ランキング」をご覧ください。


コラム一覧

シミと肝斑は違うもの??見分け方の「コツ」とは
肝斑はシミの一種ですが、一般的な症状や対策は異なります。そのため、正しい知識がないと逆効果の対策をしてしまうことも。シミと肝斑の違い、そして、見分け方を分かりやすく解説します。ぜひ参考にしてください。
シミ予防!美白化粧品の効果を高める秘訣とは
シミ対策の絶対条件は“予防”です。そのためには毎日のスキンケアを手抜きすることなく強化することが大切です。ここでは美白化粧品の効果を高める”秘訣“とワンポイントメイク術をご紹介します。
徹底的シミ予防!美白効果を高める「コツ」とは
シミ予防に”美白化粧品”は欠かせないアイテムです。ちょっとした工夫をするだけで美白効果を高める方法がありますので、ここでは美白効果を高める「ピーリング」と「ビタミンCについて解説します。
肌悩み改善!目からウロコのシミの消し方とは
肌悩みの代表格「シミ」で悩む女性はとても多いのですが、正しい“消し方”を知っている女性は多くありません。スキンケアは毎日するからこそ正しい方法で行うことが大切です。素肌美人を目指す女性へ“シミの正しい消し方”をご紹介します。
シミに”効果的な美容成分”と”解消するコツ”とは
“シミ予防”にはカラダの内側と外側の両方から効果的に美容成分を摂取することが大切です。ただし、シミには種類があるので症状にあった成分でなければ毎日のスキンケアが無駄になります。シミ予防と解消に効果的な美容成分をご紹介します。
肌トラブル改善!シミの”種類”と”治療法”とは
シミには炎症性色素沈着や老人性色素斑など、種類も多く、それぞれに治療法が異なります。そのため、「シミの種類」と「治療法」を知ることが対策の第一歩になります。正しい治療法を知って素肌美人になりましょう。
シミ予防!「脂漏性角化症」と「雀卵斑」ができる原因とは?
「脂漏性角化症」と「雀卵斑」はあまり聞き馴染みのない言葉ですが、これらは女性の“天敵”シミの種類です。「脂漏性角化症」と「雀卵斑」を治すためには原因を知ることが予防の第一歩です。正しい知識で素肌美人を手に入れましょう。
老け顔予防!肝斑と花弁状色素斑ができる原因を知ろう!
女性の多くが悩む「肝斑」。両頬に大きなシミができるので老けて見られる原因になってしまいます。一度できると中々消えないのが「シミ」の特徴でもあるので早いうちから予防することが大切です。「肝斑」の原因と治療法を知って素肌美人を目指しましょう!