美容効果抜群!お肌に潤いを与える食べ物は身近にある!

乾燥肌に良い食べ物「ほうれん草」の美容効果

乾燥肌に良い食べ物はビタミン豊富な「ほうれん草」がおすすめ

冬場は空気が乾燥しやすく乾燥肌に悩まされる方も多いかと思います。冬野菜の1つである”ほうれん草”は、乾燥肌にいい食べ物といわれています。乾燥肌に悩む冬にはほうれん草を積極的に摂取することをおすすめします。

 

なぜほうれん草が乾燥肌に効果的なのでしょうか?それは、ほうれん草に含まれる主要な栄養素「ビタミンA」、「ビタミンC」、「ビタミンE」が関係しています。では、これらの栄養素がどのようにして美容効果を発揮するのか解説します。

 

必見!!ビタミンC、ビタミンEの抗酸化作用

 

ビタミンC、ビタミンEはともに抗酸化作用を持つビタミンです。体内では常に活性酸素が発生しています。その活性酸素は放置しておくと体内のあらゆる細胞、組織を酸化してしまい、老化を引き起こします。

 

ほうれん草に含まれるビタミンC、ビタミンEはその抗酸化作用によって活性酸素を無効化します。それによって老化を防ぐことができるのです。

 

ほうれん草に含まれる栄養素のその他の効果

 

前述のビタミンCには、抗酸化作用以外にコラーゲンの合成の補酵素として体内で働きます。このコラーゲンによってお肌に潤いと弾力性が与えられます。よって乾燥肌には最適のビタミンといえます。

 

また、ビタミンAにはお肌を強くしたり、免疫力を高める効果があります。乾燥肌の場合、お肌のバリア機能が低下し、細菌が増殖し、肌荒れをさらに悪化させることがありますが、ビタミンAでそれを防ぐことができるのです。


乾燥肌に良い食べ物「乳製品」の美容効果

乳製品は腸だけじゃなくてお肌にも効果的な優秀食材!!

お肌は周りの環境に敏感で、すぐにトラブル肌になってしまいます。冬場の乾燥や寒さで肌は乾燥してしまいますが、梅雨時、夏場でも乾燥肌になる危険は潜んでいます。暑い時でもエアコンの冷房、ドライでお肌の水分が減ってしまいます。

 

こんな時に頼りになるよく見かける食べ物でお肌の乾燥を予防することができます。それは冷蔵庫を開けるとほとんどの家庭で目にする乳製品です。

 

腸だけじゃない!ヨーグルトはお肌にも効果的!!

 

ヨーグルトは食べやすい乳製品なので、好きな人は毎日のように食べる乳製品ですが、ビタミンB群が豊富な乳製品です。新陳代謝が活発になりお肌のターンオーバーを促進してくれます。

 

ミネラルのバランスも良い食べ物です。また、乳酸菌が含まれており、腸内環境を整えます。腸内環境が整うと美容効果も高まり、お肌が美しくなります。これらの働きが乾燥肌を改善します。

 

チーズを食べて健康な肌を維持しよう!!

 

チーズの中でも特にカッテージチーズには亜鉛が豊富に含まれています。亜鉛は、お肌の健康維持に大切な栄養素です。セレニウムという物質も含まれていてこれは抗酸化物質でお肌を若々しく保ちます。

 

カッテージチーズはカロリーと脂肪分が低く、塩分が少なく高タンパクなのでとても優秀な食べ物です。身近な乳製品を食べて無理なく乾燥肌を予防することができます。


コラム一覧

乾燥肌対策!肌の潤いが増す”保湿方法”とは
乾燥肌は肌悩みの中でも特に多い肌トラブルです。乾燥肌のままでいるとシミやシワの原因になるため、普段からお肌の保湿をしっかりとしなければなりません。ただし、単に保湿すれば言い訳ではありません。間違ったスキンケアは肌トラブルをさらに深刻にしてしまうので正しい知識を知っておきましょう!
肌乾燥対策に最適!お肌を守る”浸透スキンケア!
お肌の乾燥対策には「保湿」が基本となりますが、肌乾燥がひどい時は保湿だけでは十分に改善しない場合があります。そこで知っておきたいのが敏感肌になってしまった時の対処法と肌内部まで潤いを届ける浸透スキンケアです。奥まで潤いを浸透させて肌乾燥からお肌を守りましょう!
乾燥肌をカラダの内側から改善する食べ物とは??
乾燥肌の改善にはカラダの内側からスキンケアを施してあげることも大切になります。乾燥肌対策には「ビタミンA」と「鉄分」が含まれている食べ物を毎日の食事に取り入れることをおすすめします。外側と内側からのスキンケアで素肌美人になりましょう。